体臭で病が分かるかも知れない臭いと病気の関係性

体臭と病気の関係性について一部をまとめた医療系情報サイト

>

臭いの原因と体臭が変化する要因

臭いの原因となるもの

主に体臭の原因となるのは汗や皮脂、垢といった老廃物に加え皮膚に常在する雑菌であるものの、臭いの原因はこれら体臭の基本原因だけというわけではなく、汗や皮脂、垢などの老廃物と皮膚に常在する雑菌以外にも臭いの原因となるファクターは存在しており、体臭の原因となる臭いが発生する場合があるのです。

例えば、食生活や不摂生によって健康を損ねたりすると、体内から臭いが発生する場合があり、この体内から発生する臭いが口臭のレベルで留まれば、体臭には至りませんが、体内で発生した臭いが口臭に留まらないほど強い場合、体臭と混じってしまうため、匂いの原因になり得ますし、体内で生じた臭いが口を介さずに体外に放出されてしまい、体臭に混ざってしまう可能性も否定できません。

体臭を変化させる要因

大抵の場合、体臭は汗や皮脂、垢等の老廃物に皮膚の常在雑菌が反応して生じるものですが、新陳代謝によって発生する体臭以外にも、臭いの強い食品や発酵食品、分解しにくいあるいは分解できない成分を多分に含んだ食品などを多量に摂取すると、胃で消化された際に生じる臭いが食道を逆流し、口臭につながり、度の過ぎた口臭が体臭に混じることで体臭が変化する可能性がある他、病疾患の発症によって発生した臭いが体臭と混ざって体臭が変化する可能性もあるでしょう。

具体的に体臭を変化させる要因となるものとして、食品であればニンニクや納豆、アルコールなどが挙げられ、ニンニクや納豆を摂取し過ぎると胃腸に深刻なダメージが発生する場合もありますし、病気の発症による臭いの発生も体臭を変化させる要因です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る