体臭で病が分かるかも知れない臭いと病気の関係性

体臭と病気の関係性について一部をまとめた医療系情報サイト

>

病気に起因する体臭への具体的な影響

体臭とはどんなものか

体臭は基本的に人間の皮膚の新陳代謝に伴い生じる、汗や皮脂、垢といった老廃物の一種と雑菌に起因して生じる人体から発せられる臭いの総称であり、汗の一部と皮脂に限れば、単独で臭いを発することはないものの、皮膚に住み着いている常在細菌をはじめとした雑菌が、汗及び皮脂に含まれる、脂質やタンパク質、アミノ酸といった主成分を酸化させたり分解したりすることによって臭いを発し、体臭の原因となるなど、体臭は汗や皮脂、垢そのものよりも、雑菌によるところが大きいと言えるでしょう。

ちなみに、汗は汗腺と呼ばれる汗の分泌腺から分泌されるものですが、汗の分泌腺は体の部位ごとに異なり、体温調節を目的としたエクリン腺とフェロモン放出を目的とするアポクリン腺が存在し、エクリン腺から出る汗は臭いがないものの、アポクリン腺から出る汗には臭いがあります。

基本的な体臭への対策

人間の体臭の場合、汗や皮脂、垢といった老廃物と皮膚に常在する雑菌に起因して生じるものが多く、汗や皮脂、垢を落とし、皮膚に常在する雑菌を減らすことができれば、体臭を抑制することが可能となりますので、毎日入浴するかシャワーに入り、洗濯済みの衣類に着替えることが体臭への基本的な対策となります。

この際、エクリン腺が多い足の裏やアポクリン腺が多い腋のように、汗腺が多かったり雑菌が多くなりやすかったりする部位に加え、頭部のように整髪料の添付が行われる箇所は、入念に洗った方が体臭への対策効果は高くなりますが、過度に洗いすぎると皮膚にダメージが生じかねず、体臭対策においても逆効果になりかねませんので、ご留意ください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る